代表あいさつ

父が工務店を営んでいたこともあり、私も大工として建築業界に入って仕事を始めました。

大手の工務店に勤務した後、22歳で独立。

しかし現実は、生活にゆとりはなく、働きたくても道具すらないという状態でした。
働きたい気持ちと技術はあるのに、道具を用意できなくて働けない。
それほどつらく、無念なことはありません。

そんな自分の経験から、若い職人の育成に力を入れるようになりました。
大工として働きたいという若者を集め、道具を貸す、技術を教える。
一緒に仕事をしながら修行をして一人前になったら独立してもらう。
未来ある若者たちに、とにかくチャンスを与えてやりたい。
その一心でした。

2011年3月、東日本大震災が起こりました。

未曾有の大災害によりめちゃくちゃになった街、倒壊した建物を見て、復興支援のために被災地での活動を始めました。
解体業者や瓦礫の運搬業者はたくさんいるものの、建物を建てる人間が誰もいない。
そんな状況の中で、被災地に集まってくれたのは、以前、私の元で修行をして巣立っていった職人たちでした。

家づくりにとって、職人は要となる存在です。

いくら良い部材を使っても、素晴らしい設計図面を描いても、実際に家を組み上げる職人の心と技術が伴わなければ、良い家は作れません。
モダン株式会社の最大の特徴は、その「職人力」です。
お客様の人生をより豊かにするための家をつくり上げる。
そのための努力は一切惜しみません。

エントリーはこちら

求人採用/エントリー